従事者研修会最終日

センタースタッフ中村です。3日間大阪で行われた、全国の地球温暖化防止活動推進センターの職員を対象とした「従事者研修会」
最終日の今日は「ファシリテーション」について学びました。
ファシリテーションとは、会議やミーティングなどの場で、ゴール(目標)に向かって、グループでの作業を整理し、よりよい成果(課題の解決)を出すために支援する技術のことです。
目標の設定から問題解決までのステップやアイデアを出しやすくする手法、会議参加者のやる気を生み出すメカニズムなど、今日も様々なことを学べました。
この3日間、研修会で学んだたくさんのことを、事業に活かしていきます!