浮体式洋上風力発電 五島市


浮体式洋上風力発電 – 五島市 –



CO2 排出削減のため、全国的に再生可能エネルギーの導入が進んでいます。周囲を海に囲まれた海洋国日本は、風力発電の大きな可能性が洋上にあるという考えから、洋上風力発電に大きな期待を寄せています。 洋上は風が強く、風速の変動も少ないため、 安定的で効率的な発電が見込まれているからです。西欧では水深が浅い海域における着床式の風力発電は多くの設置事例がありますが、日本の沿岸に適したより深い水深の海域に対応できる浮体式は世界でも実証段階の最先端技術です。
このため、環境省では、我が国初となる2MW級の浮体式洋上風力発電実証機1 機の設置をめざして、平成22 年度から実証事業を始めました。その中で、椛島周辺海域は、年平均風速約7.5m/s(海上60m)が見込める一方、波が年間を通して穏やかであるため、洋上風力発電に適しているとの判断で、設置海域に選定されました。
選定後は、風速や波浪などの観測の他に、海洋生物や鳥類の生息状況など様々な項目について、環境への影響を事前に調査し、平成24年度には、100kW風車を搭載する小規模試験機を設置し、国内で初めて一般家庭向けの送電に成功しました。その後、五島列島付近を戦後最大級となる台風が通過しましたが、小規模試験機は大きな損傷もなく、世界で初めて台風の直撃に耐えた浮体式洋上風力発電施設となりました。
その実績を踏まえて、平成25年度は、2MWの風車を搭載した実証機が設置され、10月末には、この浮体式洋上風力発電実証事業実証機開所式典が行われました。開所式典には石原環境大臣をはじめ、五島市の野口市長など、多くの関係者が出席。テープカットを行い、実証機発電施設の開所を祝いました。
開所式では石原環境大臣はこの実証機を「はえんかぜ」と命名。南からの風、という意味をもつ「はえんかぜ」が、豊かな恵みをもたらしてくれることを願って名付けられました。式の中で石原環境大臣は、「今後、浮体式風力発電施設の本格的な運用について知見を深め、漁業協調型の浮体式洋上風力発電の確立に向けて取り組みたい。」と話されていました。


【バイオマス活用 対馬市】 【地熱発電 小浜町】【浮体式洋上風力発電 五島市】
【メガソーラー 長崎市】 【天然ガスコージェネレーションシステム 佐世保市】